腰椎椎間板ヘルニアを治療して快適生活~まずは痛みの原因を知る~

腰痛

尊い命を大切にしたい

看護師

日本人の死亡原因のトップと言われるがんは、年に一度のがん検診で防げると言われています。なかには女性特有の乳がんがあるとして、それもやはりがん検診で未然に予防ができるのであります。簡単な検査で終わるとして、必ず受けておきたいものです。

特徴や症状について

病棟

すい臓がんは自覚症状が少ないこともあり、早期発見が難しいといわれている病気なのです。しかし微妙な体調の変化から察知する事が出来るので、自分の体調には注意しておきましょう。

治療について

病棟

脳腫瘍は、頭蓋内にできる腫瘍の総称です。この腫瘍には良性と悪性のものがあり、悪性の場合には緊急の治療を必要とするのが一般的です。現れてくる症状は、発生した場所によって異なるのが通常となっています。

快適に過ごすために

激しい痛みを伴う場合が多い腰椎椎間板ヘルニアの治療方法を詳しく知りたい方はコチラから。正しい治療で早期改善を目指しましょう。

椎間板の構造

医者

腰椎椎間板ヘルニア。名前を耳にするだけでも思わず腰が痛みを帯びてしまいそうなものです。 痛みが発生している箇所には腰骨があり、それを構成する5つの腰椎骨と、仙骨の間に椎間板というものがあります。 腰椎椎間板ヘルニアという名前からもお分かり頂けるように、この椎間板が即ち痛みの原因と成る場合があります。 椎間板を構成する外側の部位を繊維輪と呼び、中にある粘性の物質を髄核と呼びますが、これらのすぐ後方には脊柱管(腰骨の中です)があります。ここには神経が通っており、椎間板に何らかの異常が起き、繊維輪をから出っ張った髄核が、脊柱管内の神経に影響を与える事によって、痛みや痺れなどが発生します。 これが所謂腰椎椎間板ヘルニアというものです。

痛みの原因と対処法

実の所、腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因は100パーセント判明している訳ではありません。先程髄核が脊柱管内の神経に影響を与える事で発生すると述べましたが、それもあくまで現在判明している範囲内での一例に過ぎません。 しかしながら、こういった知識を蓄えておくことは、少なからず治療に役立ちます。神経に影響、例えば炎症などが挙げられますが、これが原因で症状が発生するならば、治療では炎症を抑える事が必要と分かります。 ただ面白い事に、治療法には勿論整形外科的なものも含まれますが、中には放っておくという治療法もあります。MRI検査によれば、出っ張った髄核などが、数年で縮んだりすることで再び元の位置に落ち着く、といった現象があるようです。 かといって、通院の必要性が無いとは言えませんが。